創立一周年記念のお知らせ

投稿日:

仕事をしていたら、あっという間に1日が過ぎ、
日付を更新してしまいました・・・。

正確には、
「2016年8月10日」が
株式会社DIGCの創立記念日です。

皆様の助けもあり、未熟な私ではございますが、
ようやく会社として、一期を迎えることができました。
まずは、当社に関わりを持った皆様、
陰ながら応援して下さった皆様、
本当に本当にありがとうございます。

また、弊社アドバイザーとして数々のご助言を
頂きました。
サイバー大学 – Cyber University – 教授、一般財団法人ネットショップ能力認定機構 理事・事務局長、JASISA|一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 代表理事
森戸 裕一先生に感謝を。

弊社は、北海道札幌市から始まった小さな火種では
ありますが、志は大きく、夢は果てしなく。
「世界中の子供たちに等しいIct教育の機会を。」
「北海道は札幌市からワールドワイドな技術を世界中に届けたい。」

DIGCの、
「D」は「DeveloperやDoctor」の「D」、
「I」は「IntegratorやInnovation」の「I」、
「G」は「GeneralistやGeek」の「G」、
「C」は「CreatorやCool」の「C」。

そして、弊社の社員は、
基本、技術全般に精通し(Generalist)、医師のように問題を解決し(Doctor)、
新しい付加価値を世の中に生み出し(Innovation)、
時には技術おたく(Geek)で、でも最高にカッコいい(Cool)。
そんな技術集団(Developer,Integrator,Creator)であれ。

弊社ホームページに掲載している、
私自身の偽らざる想いが込められた言葉です。

二期となる本年度は、
弊社オリジナルプロダクトである、
10歳頃からの児童向け人工知能TA(ティーチング・アシスタント) WEBサービス&アプリケーション
「ChellSee(チェルシー)」
のローンチへ向けて、
そして、
そのサービスの成功と、組織の拡大へ向けて、
まい進して行こうと思いますので、
ご注目の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、後日となりますが、
人工知能事業で、別途プレスリリースを出させて頂きます。
こちらは、リリース日をお待ち頂ければ幸いです。

では、最後この問答で締めさせて頂きます。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか? 」
by Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ)

そして、それに対する私の答えは、
常に、
「Yes, Yes, Yes」。

代表取締役/CEO 佐藤 一成